心の栄養源

4月 19th, 2014

月に一回の楽しみで、大好きなチョコレートを買います。本を出したり、雑誌に載っているような有名なお店だったり、ひっそりとたたずんでいるお店だったり、買う場所は何箇所かありますが、おいしいチョコレートをちょっと食べるのが大好きなんです。昔からチョコレートは好きで、子どもの頃からおやつを買ってもらうといったらいつもチョコレートでした。板チョコだったり、チョコボールだったり、種類は色々でしたが、おいしいちょこ、というか自分の好きな味のチョコレートに出会ったときは、たれ目になるぐらい微笑んでしまいます。子どもの頃は質より量でしたが、今は量より質ですね。まぁまぁと思うチョコをたくさん食べるより、おいしいと思うチョコ、大好きなチョコを少し食べる方が幸せになれます。昔は、そんなチョコ一欠けらに○○円も○○千円もかけるなんてと思っていましたが、その値段にはそれなりの価値があるものが多いと判明しました。中にはそうでもないもの…おいしいおいしくないではなく、自分に合うか合わないかがあるので、一概に高いものが一番というわけではありません。でも、本当に自分の好きなチョコに出会えた時、ああこれはうまい!と思ってしまいます。月に一回ですが、私の心の栄養源のです。

よき友達

4月 7th, 2014

友達と焼肉食べ放題へ行ってきました。チラシに挟まっていた1割引の券を持っていそいそと。とっても仲のいい子で、お得に食べれるもの、お得に旅行に行ける事などがあったら、二人で出かけます。ネットでのお得なクーポンチェックや、雑誌の割引券など、二人していつも目を光らせています。もちろん同じものを同じ時に発見する時も多々あります(笑)。お互いの好みを良くわかっているので、もし自分が「あんまりなー」と思うことでも、相手が好きだとわかってるときは二人ででかけます。それは持ちつ持たれつなので、お互い様です。でも、基本的にはお得な時にしか行かないので、あまり損もしません。焼肉も、大変お得な金額で、おいしいものをいただけて二人で大満足でした。かといって、二人のお休みが重なる事がたくさんあるわけではないので、どれに行くか絞る事も必要です。お金持ちでもないので、全部には行けませんしね!でも、こうやって仲良く気兼ねなく出かける友人がいて、幸せもんだと思います。恋人同士より仲がいいかもと思うぐらいです。きっと、どちらかが異性だったら付き合っていただろう、というぐらい。こういう大事な友達はいつまでも続くといいなと思います。お互いおばぁちゃんになっても、あのお茶が安く買えるよ、とか・・・(笑)。

いつか背負ってみたい「責任」!

3月 30th, 2014

この前ふと何気なくのぞいたペットショップで、かわいい子犬を見つけました。ダックスフンドの赤ちゃんで、灰色とクロ、白色、茶色がまばらに散らばった色味でとても可愛らしかったんです!つい窓ガラスにへばりついて見入ってしまいました。もちろん値段もそれなりだし、飼うとなったらいろいろそろえなくてはいけないし、家の状況とかもあるし、仕事行ってる間誰が見るとかいろいろあるので、思い付きでは飼えないけど、かわいすぎるんです。犬の雑誌とか見て、いろんな種類の犬を飼ってる事を想像してみたりしたけど、やっぱり本物はかわいいですねぇ。大型犬は世話も大変だし、その分費用もかかるらしいけど、小型犬なら全てが小さいので、忙しく働く女性には向いてるんだそうですね。友達の家には4匹のチワワがいますが、みんなそれぞれ個性的で、違う性格をしてて、面白いんです。動物が身近にいると、なんだか心和ませてくれる気がして、いつもテレビや雑誌などでペットと暮らす人達の意見とか書いてあると、興味深々で読んでいました。家族が増えるということは、それなりの責任が増えるということだと思うけど、それでも飼ってみたいなぁと思います。今はまだ飼える状況ではないけど、いつか必ずと心に決めています。

頭痛に悩まされた日々

3月 16th, 2014

私の偏頭痛は中学生の頃からだった気がします。その頃から、昼間に騒ぎ過ぎたりすると、夕方から夜になって頭痛を起こしていました。その頃はまだそれほどひどくなかったのですが、ひどくなり始めたのは20歳くらいの頃からでしょうか。頭痛信号があり、そのままにしておくと、必ず頭痛が起こります。頭痛はひどくなり、動くと頭がガンガンするので動くこともできず、ただじっとしていました。頭痛が起こってから薬を飲んでも効きません。でも気休めもあり、1日に5~6回くらい、それがひどいと3日くらい続くので、ずっと薬に頼っていました。頭痛が起こると動けなくなり、動くと吐いてしまうこともありました。薬は効かないまま、どんどん強い薬に頼るようになっていきました。
それから医者に行って、診察を受け脳のレントゲンなども撮りましたが脳に異常はなく、鎮痛剤をもらっていました。その頃から、頭痛信号の時に薬を飲めば痛みはひどくならない、ということに気づき、早めに飲むようにしていました。でも薬は手離せない日々でした。あの頃は本当につらかったです。薬に頼らなければならない頭痛は、つらいもの。今では大分頭痛はなくなりましたが、頭痛が起こると怖いです。薬を飲むタイミングを逃すと、今でも頭痛はひどくなりますから、そこだけは注意しています。

落ち込んだときの最終手段はやっぱり

3月 1st, 2014

落ち込んだとき、回復するための方法って何ですか。多分人それぞれだと思います。私はパターンか持っていて、まずは手っ取り早く、おいしいものを食べる。ただこれの難点は、私は胃腸が弱いので、落ち込んだときは一緒に胃腸も弱って、おいしいものもあまり受け付けない、ということがあります。そんなときは、お酒を飲む。なぜかお酒を飲むと食が進むようになるんですね。ただ、最近知ったのですが、嘘か本当かは分かりませんが、嫌な記憶ってお酒を飲むと定着するらしいので、落ち込んだときはあまり飲まない方が良いのかもしれないと、考えを改めつつあります。その次の必殺技は、寝る。ありがたいことにどこでもすぐ寝られる性質で、しかも落ち込んでいても寝られる人なので、これはなかなかに効果的です。ただし、悪夢を見て、寝るのも怖くなることがあります。そんなときの最終手段は、好きな小説を読む、もしくは小説を大人買いする、ことです。これは今のところほぼ100%効きます。ただししょっちゅうやるとお財布が苦しくなるので(笑)、本当の必殺技として取っています。ちなみにこれにも段階があって、最初は既に持っている小説を読み漁る、次が図書館にこもる、その次が古本屋で好きな本を買う、最終のぜいたくが本屋さんで新品を買う、です。でも本で済むなら安い方かもしれませんね~。

揚げ物といっても、数多し!

2月 19th, 2014

揚げ物が大好きで、週末は必ず何かを揚げてます。ありきたりですが、から揚げが大好物で、子供の頃からの一番大好きな食べ物です。子供の頃の、毎年の誕生日パーティーには、から揚げと、フライドポテトが必ずテーブルの上に乗っていました。来てくれる子達も、から揚げが嫌いと言う子はなかないないので、みんな、喜んで食べてくれていました。自炊をするようになってから、最初、揚げ物めんどくさかったんです。油ははねるし、揚げ油の移しかえとか、油の処理とか。でも、揚げたてのものって、とってもおいしいんですよね。かりかりさくさくしてて。先週はから揚げだったので、今週は天ぷらにする予定です。揚げ物の本も買って、いまでは毎週いろんな変わりダネを揚げています。アイス最中を揚げた事もあります。結構おいしいですよ、おすすめです。揚げ物というと、おかず系ばかりを思い浮かべますが、ドーナツとか、揚げパンとか、いろいろ甘いものも揚げれるので、今週は何を揚げようかと楽しいんです。お菓子を揚げる日は、友達におすそ分けしたり、家に呼んだりして、みんなで食べます。最近何度か春巻きに挑戦してみたんだけど、なかなかうまくかりっと揚がりません、もしくは、中身がこぼれて来るんです。今度揚げるときは、最近買ったばかりの、おいしい揚げ物上手になれる本のコツを、しっかり読んでみようと思います。

料理に見るウソとは?

2月 10th, 2014

料理を作ると、たいては「おいしい」と言ってもらえます。でも、その「おいしい」はどの程度本気の返事なのかは知るすべがありません。おいしいと言われるのは本当にうれしいですが、それが半分でも嘘なら、料理を食べてくれる友達に申し訳ない思いでいっぱいです。そこで、今までの経験から、本当はそれほどおいしくない、と思っている態度を分析してみることにしました。
無言で食べている場合。これはおいしくない証拠です。とにかく早く食べ終えることだけを考えて、夢中で食べているのです。会話が少なくなり、表情を変えずに食べているようなら、それはおいしくない、ということだと思っています。さらに水をたくさん飲む。これも怪しいです。水で流し込んでいる可能性があるのです。また、「おいしい」としか言わない、というのもちょっと変です。本当においしいのなら、他の感想も出てくるはず。おいしい、という言葉しか出てこないのは、これ以上ウソをつけない、ということのような気がするのです。
そんな態度を分析できるのも、自分が作った料理で自分でもおいしくない、と思う料理に限って、そのような態度になることが多いからです。やっぱり、自分がおいしくないと思うものは、友達には出さないようにしよう、と心に決めたのでした。

遊園地とか誕生日とか

1月 30th, 2014

最近、アイドルのイベントなんかで、「遊園地の貸し切り」をやったりしますよね。海外のセレブの女の子が、「誕生日会をやるの」と言って、遊園地を貸し切り、その日丸一日、みんなのアイドルのマスコットキャラクターと一緒に過ごしているのを観たとき、「スケールが違いすぎる・・・」と、羨ましい気持ちさえ薄れてしまったのを思い出します。これをテレビで観た当時は、小学生くらいでした。遊園地も大好きでしたし、マスコットキャラクターの着ぐるみと写真を撮ってもらえるのは、本当に嬉しいことでしたが、「そこまで好きではない」という話ではなくて、「そんなことはまず想定外」だったのです。出来ると言われたら、やってみたかったかもしれないですけどね。誕生日って、本当にその人にとってみたら、イベントなんです。個人によって比重の違いはありますから、「そこまで大事でもない」と感じる人も多いみたいですが、それでも、自分が生まれたことをたくさんの人がお祝いしてくれる日です。「毎日誕生日だったらいいのにな」とは思えません。だって、感動が薄れてしまうからです。遊園地もそうなので、来園して感動して、「もうここに住みたい!」と思っても、実際に住んでしまったら、あの感動は味わえないんです。

愛しいキミに絵本を贈る

1月 11th, 2014

私の姉には、1歳になる娘がいます。人懐っこい性格のおかげか、私と姉が双子と間違えられるほどに似ているおかげかわかりませんが、私にもよく懐いてくれています。姉に負けないほど姉の娘にメロメロの私は、暇を見つけては姉の家に遊びに行きます。
遊びに行く口実づくりと、愛しい娘ちゃんへのアピールを兼ねて、ちょっとしたプレゼントを買っていってしまいます。こうゆうのって反則なのかな?とか思いつつ、可愛い娘ちゃんに気に入られたい!!ではなくて・・・喜んでもらいたい☆
私がプレゼントするのは、いつも絵本。
私も姉も、寝る前は母の読み聞かせをしてもらうのが、毎日楽しみだったんです。「覚えてるのは私だけ?」って思って、いつだったか姉に聞いたら、やっぱり私と同じようにワクワクしていたみたい。
2人で共通のワクワクを覚えているから、姉の娘にも同じワクワクを伝えたいって、乳母心ながら思って、もう姉の家の本棚には、私が選んだ絵本が10冊。
1歳くらいの子どもだと、むつかしい話はわからないけど、見たり、めくったりして、感覚で楽しめる絵本が今はいっぱいあります。
姉の娘のために絵本を選んでいると、いつか自分に子どもができたら・・・なんて幸せな妄想にふけって、なんだか照れ臭くなります。
そのうち私も・・・頑張れ自分(笑)。

季節の変わりめの楽しみ

12月 21st, 2013

穏やかな春から、徐々に新緑が芽吹きはじめて、夏に向かい始める、5月から6月の季節。私には毎年のようにやることがあります。
それは、観葉植物の鉢替え。決まったサイズの鉢の中で、決まった量の土だけで育っている植物たちは、大きくなるに連れて、体に合ったサイズの部屋(鉢)に移動したくなるんです。あまり大きくならないタイプの植物も、土の栄養を食べきると、もっと肥えた美味しい土が欲しくなってくるんです。
そんな鉢替えのイベントが、私は大好き。
年に一回だけのことで、色々忘れてしまうから、私は毎年愛読書でおさらいしてからそのイベントに望みます。

よく晴れた日曜日、ベランダに植物を出して、ゆっくり鉢から根をはがします。取りにくいのは、根がしっかり張っている証拠。ゆっくりゆっくり慎重にはがし、ふかふかの土を薄く敷いた新しい土に移動。植物も鉢も、なんだか照れくさそうにしています。
移動させたら、上からまた新しい土をかぶせて出来上がり。水をたっぷりあげればまたグングンと根を張って、数日後にはますます青々としてた元気な葉を見せてくれます。植物と向き合う時間。何も喋れないから、耳を傾ける。周りの人や自分自身も、まっすぐ見つめて、本当の声を聞く。忘れずにいたい、大切なことを思い出させてくれます。

ちょっとおしゃべりしたいとき

掲示板って、誰かとちょっとおしゃべりしたいけど、でもメールやチャットするまでもないな…って時にちょうどいいですよね。書き込んでレスが着くのも勿論嬉しいけど、見るだけでも十分楽しくてあっという間に時間が過ぎちゃうから。