素敵な本と挿絵の関係

12月 13th, 2014

今日は図書館で素敵な本を見つけました。それはかなり昔に発行された本をまた新しく作り直して発行したもので、リメイクのようなものです。昔に発行された本であれば、当然かなりの劣化が起こっており、普通に読むのは苦労します。また、現代とは文字も違うので、気軽に読み進めることもできません。研究者などでもない限りちょっと難しいですよね。しかし、その本は当時のまま掲載していると同時に現代文訳もあるので、読むこともできます。また、古文とともに読めるので勉強もできます。
そんな本の内容にも魅力を感じるのですが、それ以上に私が惹かれたのは、挿絵です。挿絵は当時のまま掲載されているので、解説がなくても理解することができます。その本に書かれていたのは江戸時代の小話でしたが、挿絵はまるで墨絵のように繊細なタッチで描かれており、雰囲気があります。その挿絵がとても気に入ってしまいました。残念ながら貸し出しは禁止でしたが、読むことは可能なのでこれから何度も読んでみたいと思っています。
挿絵があるとないのでは物語が入っていく速度も違う気がしますし、また、古文のような難しい本には挿絵があった方が興味を持ちやすいんだな、と感じました。

図書館の本の修復

11月 30th, 2014

先日いつも通っている図書館で小さなイベントが開催されました。それは、「図書のお世話をしよう」といった子供向けのイベントで、本の扱い方に関することを子供に知ってもらおうというものでした。もちろん大人の参加も可能で、私以外にも幅広い世代の人がいました。一番多かったのはやはり親子連れで、児童書コーナーに作られた会場はとても賑やかでした。
図書館員の人が出て話したのは、まず本は紙で作られているから丁寧に扱わないとすぐに破れたりしてしまうこと、しかし本はある程度であれば修復ができるのですぐに捨てたりしないこと。そう話すと破っても大丈夫なんだと思われてしまいがちですが、その辺もしっかりと子供たちに脚注しており、さすがだと思いました。
次に行われたのは図書の修復の実演です。普段私たちは紙が破れたりした場合はセロハンテープなど市販のものを使用しますが、実は本にテープを使用するとすぐに劣化したり黄変したりとあまり良いことは無いらしく、図書の本をもし破ってしまった場合は家庭で勝手にテープを張らず、図書館へ申告した方が良いそうです。図書館では図書の修復用フィルムがあり、それを使うそうなのです。今まで修復された本を何度か見てきましたが、そんな事情があったとは知りませんでした。子供向けのイベントとはいえ、とてもためになったと思います。

公園で出会った小さな読書仲間

11月 12th, 2014

この間、お散歩も兼ねて公園に行ってきました。公園は結構広い場所で、広場のほか遊具や休憩ができる木陰のスペースがあります。近くで買ったサンドイッチとコーヒーを持って、まずは公園内をお散歩しました。歩いていくと人の姿もちらほら見られます。軽い運動をしている人や、子供と一緒にお弁当を食べている人、ベンチで居眠りをしてしまっている人も居ました。散歩の途中で、日陰になったベンチを見つけて休憩をしました。一息ついて、サンドイッチを食べると、外で食べているということもありとてもおいしく感じました。少しぬるくなったコーヒーを飲みながら風景を眺めていると、私が来た方向から親子連れが歩いてきます。
母娘は私の斜め前にあるベンチに座り、同じように袋から食べ物と飲み物を取り出します。その光景を微笑ましく眺めていると、先に食べ終わった子供が急に母親の持っているトートバッグを探り始めました。どうしたのかな?と思いながら見ていると、バッグから取り出されたのは絵本でした。そしてそのまま開くと、子供は大きな声で朗読を始めました。母親はとても焦っているようでしたが、私が楽しそうに聞いているのを見て困った顔をしていました。
子供の朗読を聞いていると、その本はどうやら私も小さい頃に読んだことがある本だということがわかりました。いつの時代になっても読まれる絵本はいつになっても名作なんですね。

コンビニを本屋として利用しよう

10月 31st, 2014

近頃はコンビニエンスストアでも雑誌や書籍を置くようになりました。雑誌は前から置いていましたが、その種類も増え、大抵の週刊誌は手に入ります。また、漫画や新書、文庫本なども並ぶようになり、本当に便利だと思います。コンビニエンスストアは買い物だけでなく、料金の払い込みなどにも利用できるので、よく行きますが、その時に書籍のコーナーに行っては新しい本がないかと探してしまいます。当然本屋に比べれば全然品揃えは違いますが、品が少ないということはそれほど厳選されたものだと思っています。そのため、店によっては置いている本も全く違い、特色が見られて面白いです。
コンビニエンスストアと言えば、店頭に並んでいる書籍のほかにもインターネットで注文したものを受け取ることが出来るサービスがあります。このサービスは、料金の支払いも、配送も全て店頭で行えるため、通常通販を利用するより気軽です。また、通販を利用して一番ネックになるのが、自宅に配送されるとき自宅に居なかったら受け取れないということです。配達員とすれ違うことは多々ありますし、そのあと配送所へ連絡をするのも億劫です。そんな場合にも、コンビニエンスストアでの受け取りは、時間に関係なく、自分の都合のよいときに受け取れるので楽ちんです。今まで読めなかった本や、書店では取り扱っていなかったものも気軽に購入できるので、お勧めです。

土鍋のように、読書も小物でやる気UP!

10月 15th, 2014

一人暮らしを始めて×年。先日、ついに土鍋を購入しました。今まで、冬のお鍋も、風邪の日の雑炊も、ちょっとしたラーメンも、みんな小さな小さな片手鍋で作っていたのです(余談ですが片手鍋は380円!値段の割に大・大・大活躍です!)。調理をするのになんら不満のない片手鍋だったのにも関わらず、私が土鍋を購入したのにはわけがあります。友人の家に行った時、友人が鍋焼きうどんを振舞ってくれたのです。一人用の土鍋に入った鍋焼きうどんの美味しそうだったこと!湯気を立てるうどんも、かき揚げの天ぷらも、とろりとした卵も、普通の器に入っているよりもグンと美味しそうで、見た瞬間ゴクリと喉が鳴ったほどでした。
そんなことがあって、俄然土鍋が欲しくなった私は、食器屋さんからホームセンター、雑貨屋さんまで巡って、カワイイ土鍋をゲットしました。薄桃色で、桜の模様が散っている土鍋。お気に入りで、毎日使っています。こんなまだ暑いうちから土鍋?と思うかもしれませんが、暑い時期に熱いものを食べるのっていいんですよ♪土鍋を使うようになってから、やはり気分違います。とても美味しそうで食欲がUPするのです。
こういうようなことって、食器だけでなく、他のものでもたまにありますよね。例えば新しい栞やブックカバーを買った時、訳もなくいつもより本が読みたくなりませんか?私はなります。本屋さんでごっそり本を購入しちゃったりして……。小物を上手に使って、色々なやる気をUPさせていければ良いですね♪

資格ゲットの為に猛勉強

9月 30th, 2014

只今資格を取るべく猛勉強をしております。なんだかふと自分の人生を見つめ直して、これからの自分の未来を考えたら急に不安になってしまって…。自分って何の取り柄も無いな~って思ってしまったんですよね。何か人に胸を張って得意と言えるスキルも無いし、それなりに職場で仕事は出来ているつもりでも、ずっと続けられるかもわからないし…なんて考えたら漠然と不安になってしまったんです。やっぱり手に職が欲しいな~と思って、取り敢えず資格を取る事にしました。思い立ったが吉日!という事で、そう決めた次の日に本屋へ行って教則本を購入。種類が結構あって迷いました。通信講座も考えたんですけど、独学でも取れるそうなので、取り敢えず独学で頑張る事にしました。そして文具店でルーズリーフも買って勉強する準備は万端!形から入る私はその勢いでペンケースまで買いそうになりましたがそこは我慢。テキストだけでは無く本当は道具も揃えたかったんですが、まだ何の知識も無いのにいきなり揃えてもしばらくは使えないと一瞬冷静になり、そこもお見送り。それから毎日少しずつ勉強しています。私に出来るかな~と思っていたんですが、勉強っていうものからしばらくご無沙汰だったのもありますし、なんとなくしか知らなかった事が解るようになるって楽しいですね。資格ゲットに向けて頑張ります。

手書きの手紙に気持ちを込めて

9月 14th, 2014

友達から手紙が届きました。手書きの手紙は嬉しいですね。友達の字はくせがあって少し読みにくいです。メールの方が明らかにわかりやすい文字なのに、それでも手書きに気持ちを感じます。せっかくなので、私も手書きで返事をすることにしました。私が人に手紙を書くときは、たいていいつも真っ白な便箋に、真っ白な封筒を使います。昔は色々な絵柄を選んでいたのですが、白ってぱりっとしていて素敵だなって、ふと思ったんです。自分のイメージも相手のイメージも変えることのない白。そこに黒いボールペンで文字を書きます。万年筆とかあったら文豪みたいで格好いいなあって思うけれど、管理が面倒と聞いているので却下です。どっちにしろ、書く内容は大したことではないのです。ただの近況報告。それこそ携帯メールでも十分な内容です。でも、それが便箋に直に書かれているだけで、特別に感じることを私は知っています。封筒に住所を書いて切手を貼って、ポストに投函するときのあの何とも言えない緊張はなんでしょうね。届きますように、とつい呟いてしまいます。先日知り合いの子供に可愛いシールを貰ったので、今度の手紙には貼ってみようかな。どうしたのって、言われてしまうでしょうか。

料理のことを少々

8月 26th, 2014

先日の休日のことです。その日は珍しく一時間以上も朝寝坊をしてしまいました。当然すべてが一時間遅れ。朝ご飯もです。でも昨夜の夕食の時間はいつもと同じなので、お腹は普段よりすいている……ということで、朝食は結構しっかり食べました。そしてお昼。お腹がすかないんです。遅い時間にたっぷり食べたのだから、当然ですよね。まあいいかとお昼を回り午後の一時二時となったときに、やっと感じた空腹感。しかしこの時間にたっぷり食べてしまったら、きっと夜ご飯はあまりいらなくなってしまいます。ちょっとだけ食べようかな、でも家に何もないな。出るの面倒だなあ。考えること数分、私はおもむろに雑誌を取り出しました。母が購読しているものです。そこには簡単な料理の作り方が載っているんですよ。正しい時間にお腹がすけば、母が用意してくれます。でも今日は違ったから、自分で作ろうと思ったのです。食事のバランスと同時に睡眠バランスもずれてしまって散々な休日でしたが、こうして普段ならしないことにチャレンジできたのは良かったと思います。作った料理は本を見たのに失敗したので秘密です。新しいものを作るといつも最後に母に味の調整をしてもらう羽目になります。少々とかって、難しいんですよね。

本のタワーと造形美

8月 13th, 2014

本を造形的に積み上げている本屋さんを、見たことがあります。それは地元では有名な書店で、有名作家さんの新刊が出ていたときのことでした。本といえば、背表紙を見せておくか、立てかける形で表紙を見せるか、平積みかしか知らなかった私。しかしその日見た書店では。本で塔が組んであったのです。これはどこか抜いたら崩れてしまうだろう、と思うほどにきっちり組まれたタワーの根元に、平積みの本がありました。買う人は、そこからとっていくんでしょうね。塔の途中をとってしまったら、倒れてしまいますから。気になってインターネットで検索してみたら、これよりもはるか上を行く、もう造形美といっていいような積み上げ型があってびっくりしました。表紙の絵がつながって見えるようになっていたり、タワーどころでなく城のようになっていたり。これは目を引くでしょうね。新刊を置くにはピッタリです。それにしても署店員さん、器用ですね。天井近くまで積んである本は、脚立を使って積むのでしょうか。署店員さんに感心すると同時、いろいろ考えてしまいました。これはぜひ実際に見てみたい……けれど、自宅近所の小さなところでは無理でしょう。いつか有名作家さんの新刊が出るときに大きな書店に行って、ぜひ見つけてみたいです。

農家さんから学んだこと

7月 24th, 2014

兼業農家をしている人のエッセイを読んでいます。その方は平日は会社員をしていて、週末だけ農家の仕事をしている方。昨今、専業農家で食べていくことはかなり大変なようですね。知らない世界のことが書かれているので、いろいろ勉強になったのですが、私がなにより感心したのは、その方の心意気です。なにせ平日はサラリーマン。残業もあります。でも農業に休みはないのです。日曜に仕事関係の予定があったとしても、その方は早朝に起きて、畑に向かいます。無農薬で作っておられるようで、時期になれば雑草がびっしり。それをむしって農作物の世話をして、用事に向かい、そして平日はまた会社へ。週末だけ農業していますというとのんびりしているイメージを受ける方が多いけれど、すごく忙がしい、と書かれていました。私の知り合いの実家は、専業農家をしています。ビニールハウスがたくさんあって、温度管理もばっちりで、野菜を作っているのです。そこは本当に大きな農家なので専業でやってはいますが、子供さんたちは会社にお勤めしているとか。収獲期など、本当に忙しいときだけ、手伝ってくれるそうです。みんなで支えあって、美味しいものを作ろうと頑張ってくれている。私達は、しっかり味わって大事に食べないといけませんね。

ちょっとおしゃべりしたいとき

掲示板って、誰かとちょっとおしゃべりしたいけど、でもメールやチャットするまでもないな…って時にちょうどいいですよね。書き込んでレスが着くのも勿論嬉しいけど、見るだけでも十分楽しくてあっという間に時間が過ぎちゃうから。